壊れたMac・壊れたSurface壊れたMacなんでも買い取ります!

logo

MACSELLMac/Surface買取専門店

自動概算お見積り お問い合わせ

使わなくなったMacの処分方法について解説。現金化する方法や無料で回収する方法をご紹介。

2024.07.11

使わなくなったMacの処分方法まとめ!現金化や無料回収の方法を解説

あなたのMac、売れる?売れない?それとも処分する?

まず、あなたのMacが売れるのか、それとも処分するしかないのかを確認しましょう。「古すぎて売れない」「壊れてるから無理」と思う前に、Macの機種と状態をチェックしてみてください。

自分のMacがどれくらいの値段になるのか調べたい場合は、こちらのページで確認できます。

Macを処分する前にやっておくべきこと

Macを処分する前に、個人データの消去・初期化やiCloudからのログアウトが必要です。以下の記事を参考にして、これらの手順を実行してください。

Macを売る前に知っておくべきデータ消去の方法を詳しく解説。

Macを売って現金化する方法

Macを売って現金化する方法を紹介します。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

パソコン買取専門店やリサイクルショップで売る

Macを取り扱わない買取店では、査定額にばらつきがあることがよくあります。リサイクルショップでも、アルバイトスタッフが多いため、価格に差が出ることが少なくありません。高値で買い取ってもらえる場合もありますが、実際には適切な値付けができていないことが多いです。

パソコン買取店に持っていく

Mac本体や付属品を持ち込んで、その場で査定してもらう方法です。査定が終わると、その場で現金化できます。

宅配買取を利用する

買取業者によっては、梱包用の段ボールを送ってくれるところもあれば、自分で梱包材や段ボールを用意しなければならない場合もあります。そのため、複数の業者を比較して選ぶことをおすすめします。

注意すべき点として、ほとんどの買取業者は査定を無料で行っていますが、査定額に納得がいかない場合の返送送料はお客様負担となることが多いです。したがって、さまざまな業者を調べてから決めることが重要です。

。店舗に行く時間がない人や、自宅で手続きしたい人に向いています。

フリマアプリやオークションサイトを使う

フリマアプリやオークションサイトでMacを売る方法もあります。写真を掲載し、商品の状態を詳しく記入して販売金額を設定します。化粧箱や説明書やオプション機器があれば一緒に載せると良いでしょう。

フリマ・オークションサイトで売るメリット

  • 自分の好きな価格に設定できる
  • 買取店よりは高値で売れる

フリマ・ネットオークションで売るデメリット

  • 落札者とのやりとり、梱包、発送を自分で行う必要がある
  • 購入者とのトラブルもありますので気をつけないといけません
  • 初期化などの知識が必要です
  • アプリやサービスへの登録が必要
  • 即現金化はできない
メリットデメリットをよく理解して決めるのも重要です。

Macを無料で処分する方法

Macを無料で処分する方法は、「Appleのリサイクルプログラム」と「家電量販店の回収や下取り」「パソコン修理店などの無料回収」「パソコン買取店の無料回収」などです

Appleのリサイクルプログラム

Appleのリサイクルプログラムを利用すれば、使い終わったMac、iPad、iPhone、iPod、Apple WatchなどをAppleストアに持ち込んだり、宅配便で送ったりすることで処分できます。

Appleのリサイクルプログラムのメリット

  • 無料で引き取ってもらえる
  • リサイクルに貢献できる
  • 古いMacでも回収してもらえる

Appleのリサイクルプログラムのデメリット

  • 現金化できない(ギフトカードでの対応)

家電量販店の無料回収や下取り

新しいMacを家電量販店で購入する際、これまで使っていたMacを下取りや無料回収してくれることがあります。ヤマダ電機やベスト電器、ビックカメラなど、店舗によって条件が異なるため、近くの店舗に確認してみましょう。

家電量販店の回収や下取りのメリット

  • 無料で回収や下取りをしてくれる
  • その場で新品も手に入れることができる

家電量販店の回収や下取りのデメリット

  • 下取りの場合、新しいMacの購入が前提

Macはゴミとして処分できるの?

MacはPCリサイクル法に基づいてメーカーに回収が義務付けられているため、勝手に捨てることはできません。家庭用のMacの場合、小型家電リサイクル法に基づいて自治体が回収していることもあります。お住まいの自治体のホームページを確認してみましょう。

最後に

Macの処分方法をいくつか紹介しました。Macはメーカーが回収しているため、古くても処分に困ることはありません。お手持ちのMacの状態や希望の処分方法を考慮し、自分に合った方法を選んでくださいね。

author avatar
macselladmin
Copyright © 2018 MACSELL All rights reserved.